「コーティング車にコンパウンドを使用しても良い?コンパウンドの使用方法やメリット」

コンパウンドとは、直訳すると合成や混合物といった意味があり、一般的には研磨剤のことを指します。

しかし、コーティングを施した車にコンパウンド(研磨剤)を使用しても良いのでしょうか。

コーティング車にコンパウンドを使用する際の注意点や、使用方法について紹介します。

 

コンパウンドの種類

コンパウンドとはコーティングを行う「前」に、車の傷などを目立たなくさせるために使用する研磨剤のことです。

コンパウンドそのものは粉末状の研磨剤ですが、粉末時では車に使用できないため、油分を混ぜたものが販売されています。

油分を混ぜたペースト状もしくは液体状の2種類のものが販売されていることが特徴で、基本的には液体状のものを使用されるケースが多いです。

 

コーティングする前に使用するコンパウンドの使用方法

コンパウンドは、3つの方法で使用します。

それぞれ、具体的な使用方法について見ていきましょう。

 

h3使用方法その1:細かい粒子のコンパウンド使用する

コンパウンドは、粒子の大きさに差があり、最初から粗い粒子で磨いてしまうと大きな傷がついてしまいます。

そのため、細かい傷が付いているのであれば細かい粒子のコンパウンドから順に使用していきましょう。

 

使用方法その2:ツヤを出す方法

細かい傷をした後は、周囲の凹凸との境目がわからなくなるように、粗い粒子を使用し徐々に細かい粒子へ切り替えていきましょう。

 

使用方法その3:ポリッシャーを使用する場合もある

傷の多くは狭い範囲についているものであるため、手で磨くことが一般的です。

しかし、ボンネットなど広い範囲に傷がついている場合には、手で磨くとムラが発生してしまいます。

そのため、自動ポリッシャーを使用して、均一に力をかけて磨き上げることが重要です。

 

コーティング前に行うコンパウンドの種類と特徴

コンパウンドはコーティング前に下地処理として使用する研磨剤です。

コンパウンドを使用して車の車を磨くことによって、塗装面を平らにしてコーティングの効果をより高くする ための重要なアイテムとなります。

反対に、コンパウンドで下地処理を行わなければ、コーティングの効果が発揮されません。

基本的には経験やスキルが必要な下地処理の工程ですが、最近ではカー用品も充実しているため、自分でコンパウンドを使用した下地処理を行いコーティングを施すという人も増えています。

そこで、どのようなコンパウンドの種類を選べば良いのか、種類と特徴についてチェックしてみましょう。

ただし、知識だけではなく経験も重要な工程になるため、DIYをする場合には車を傷つけてしまうなどのリスクも加味した上でチャレンジすることも大切です。

 

コンパウンドの粒子の大きさ

コンパウンドは粒子によって種類が異なり、商品によって多少の差はあるものの、2ミクロン以下が超微粒子、4ミクロン以下が極細目、8ミクロン以下が細目といったように分かれています。

粒子がこまかいほど研磨剤としての効果が低くなり、粒子が大きいと汚れや傷などをしっかり削る効果が高くなるのです。

ただし、同じミクロン表示であってもメーカーごとに研磨力には差があるため、粒子の大きさであるミクロンはあくまでも目安として確認するようにしましょう。

また、8ミクロン以下の細目よりも荒い粒子のコンパウンドが存在しますが、一般ユーザーが使用すると車に大きな傷をつける可能性があるため、使用しない方が賢明です。

コーティング専門店では粒子の大きさが異なるコンパウンドを何種類か使用し、車の状態によって使い分けています。

そのため、市販品市販されているコンパウンド剤の中にも、いくつかの粒子がセットになっているものが多いです。

 

液状とペーストがある

コンパウンドには液状とペーストの2種類あり、液状コンパウンドは伸びが良いため広い範囲に使用したい場合に適しています。

反対にペーストのものは伸びが良くないため、狭い範囲に使用するのに適しているでしょう。

また、液状のように流れてしまう心配がないため、ボディの側面や下の部分に使用されることが多いです。

初めて使用する人はペーストコンパウンドの方が扱いやすいといえるでしょう。

 

水溶性と油溶性

コンパウンドは水溶性と油溶性の2種類に分かれ、水溶性のコンパウンドは研磨力が高く油溶性は低いことが特徴です。

作業効率を考えるのであれば水溶性を使用した方が良いでしょう。

油溶性コンパウンドの場合は油分が含まれているため、伸びが良い点が特徴です。

作業はしやすいものの油分の影響で研磨力が低くなる上に脱脂をしなければならないため作業効率が高いとはいえません。

水溶性のコンパウンドは作業効率が高く油分が含まれていないため、脱脂の手間もかからないのです。

ただし、慎重に行わなければ削り過ぎてしまい、車を大きく傷つける可能性があるため注意しましょう。

 

コーティングの前にはコンパウンドを使おう!慎重に作業することが大切

コーティング前の下処理としてコンパウンドを使用します。

磨くことによる傷がつくリスクに不安がある人は、最も粒子が細かいコンパウンドから使用し、様子を見つつ粒子の粗いものも使ってみるなど、慎重に作業をすることが大切です。

一般的には、スポンジもしくはボディを濡らした状態で作業しましょう。

水で濡らすことによって車とスポンジコンパウンドの間に起こる摩擦が減るため、スピーディーかつ磨き傷がつきにくくなります。

コーティング前の下処理としてコンパウンドを使用する際には、丁寧かつ慎重に、正しい方法で作業を行いましょう。

 

 

お気軽にお電話ください
03ー6455-5119 03ー6455-5119
AM9:00 - PM6:00
〒107-0062 東京都港区南青山1−21−6 1階
ACCESS

低価格でクオリティの高い洗車・コーティングを施工します!

東京で愛車のカーコーティングをご検討でしたら、B.G.Cをご利用ください。 最高の技術を納得いただける価格でご提供しております。 東京でカーコーティングを専門に行うB.G.Cの高品質な施工をぜひお試しください。
カーコーティング専門店B.G.C写真
店舗名 カーコーティング専門店B.G.C
住所 〒107-0062 東京都港区南青山1−21−6 1階
電話番号 03ー6455-5119
営業時間 AM9:00 - PM6:00
定休日 不定休
最寄駅 乃木坂駅

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

RELATED関連記事